外資系に限らず、転職する人と新卒で就職する人には違いがあります。
転職する人は、働いている業種の知識やその中で経験したさまざまなノウハウも持っていますが、新卒の人はほとんど経験がありません。
企業での経験が長い人ほど沢山の知識を持っていて、話をしていても相当な違いを感じることでしょう。

スポンサードリンク

外資系企業への転職は、実力?年齢?

外資系であれ日本の企業であれ、転職をするのであればなるべく若いうちに転職した方が良いようです。

最近プロ野球でFAの資格が話題になっています。
野球選手側は若いうちに違うチームに行きたいと主張する人が多いですよね。

年をとってFA移籍した人は、あまり活躍した実績が少ないというのもあるかもしれません。
若いうちに移籍したら実力を発揮できる可能性が高いです。
こういった事がスポーツの世界以外でも考えられます。

ただ人を管理する仕事の場合は年齢が高い方がうまくいくでしょう。
沢山の人と接していた方が能力を発揮しやすいです。

通常は若いうちに転職する方が沢山のメリットがあるでしょう。
前の会社以上にスキルアップして新しく得た資格を発揮できる時間が多くなります。
それと新しい会社に若いうちに馴染んだ方が会社の風習になれていいという面があります。
こういった点から若い人材を要求している会社が多いです。

転職する際は年齢がかならず重要視されます。
私も何度か転職して知っていますが、企業によって入社できる年齢が書かれてあります。

多いのが30代で、確かに40代も結構ありますが30代の方が圧倒的に多いです。
中には30歳までで30歳超えた人は入れない会社もあります。

逆に年齢不問と書かれていて、年齢を気にしない会社もあります。
外資系の企業の場合は、あまり年齢を気にしていません。

年齢よりも実績を上げてくれる人を望んでいるかれではないでしょうか?
年齢が高い人は経験がある部分が良い点ですし、若い人は今からノウハウを教えればよいといった点で年齢を問わないのでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

外資系転職情報:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://job.s-stars.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。